店舗TOP > ブランド別佃煮 > わそう > わそう 甘口あさり

 


やわらかい小粒あさりをほんのり甘く炊きました。!

わそうの佃煮『甘口あさり』

わそう『甘口あさり』

 

 
◆最高級素材と独自の製法がなしえた自慢の佃煮!              
 
 
自然の風味と旨味たっぷりの、最高級佃煮の食感が味わえます。!

やわらかい小粒あさりをほんのり甘く炊きました。
じっくりと炊きあげる独自の製法により、自然の旨味が味わえます。

お酒のおつまみに、育ち盛りのお子様に、お茶漬けに。
いろいろと便利なおいしさをお楽しみ下さい。

 
◆いつでもあれば便利!
 
 
おにぎりの具や、お茶漬け、ちょっとしたお茶うけにも最適で、いつも食卓にあれば便利です。

酒のおつまみに… ご飯のおかずに… 最高においしい〜

 


わそうオススメ!美味しい食べ方とは?

◆ご飯のお供に、おにぎりの具に・・・・

ご飯のお供に、おにぎりの具に、お茶漬けとして


ほっかほかご飯にのせていただきますっ!
創業以来の炊き方を守る!


    『甘口あさり』 の佃煮を作っている「わそう」のこだわり

代表的ちりめん佃煮
【1】美味しいこと!
まず何よりも「おいしいこと」。 このおいしさとは、素材の持つ本来の味が十分に引き出された 「自然のうまみ」を指しています。
【2】安心してお召し上がりいただけます!
あくまで「安心して召し上がっていただくこと」。 保存料・着色料はなるべく控え、自然素材を活かし 「体にやさしい佃煮」を製造いたしております。
【3】適正な価格!
少しでも多くの皆様に召し上がって頂く為に 「高価=おいしい」ではなく、『安価でおいしい』 商品を作りつづけます。包装資材には過剰な費用は使いません。
【4】食品安全マネージメントシステムを導入!
食品衛生技術研究所様に指導を賜り、食品安全マネージメントシステムを導入し、「HACCP」対応の新工場で「健康・安心安全」を大原則に、より多くのお客様においしい日本の味『佃煮』を召し上がっていただく為に、日々精進・努力して参ります。

食品安全マネージメントシステムを導入

2 件中 1-2 件表示 

わそう 甘口あさり

商品説明
やわらかい小粒あさりをほんのり甘く炊きました。
内容量

120g
あさり、醤油、砂糖、生姜、水飴、みりん、塩、ゼラチン、寒天、ソルビット、調味料(アミノ酸等) (原材料の一部に大豆、小麦を含む)

賞味期限
常温60日
保存方法
冷暗所にて保存
配達方法
普通便

■■■■■■■■■■■同梱について■■■■■■■■■■
【同一メーカー】内での商品に限り、同梱が可能です。同梱商品で1配送先につき5,250円以上お買い上げの場合は【送料無料】となります。
【同一メーカー】の商品は下記からご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
この商品と同梱可能な商品はコチラ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

わそう 甘口あさり120g

商品番号 ws-amakuchiasari140

定価750円のところ
当店特別価格565円(税込)

[6ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品についてのお問い合わせ

わそう 甘口あさり1kg

商品説明
やわらかい小粒あさりをほんのり甘く炊きました。
内容量

1000g
あさり、醤油、砂糖、生姜、水飴、みりん、塩、ゼラチン、寒天、ソルビット、調味料(アミノ酸等) (原材料の一部に大豆、小麦を含む)

賞味期限
常温60日
保存方法
冷暗所にて保存
配達方法
普通便

■■■■■■■■■■■同梱について■■■■■■■■■■
【同一メーカー】内での商品に限り、同梱が可能です。同梱商品で1配送先につき5,250円以上お買い上げの場合は【送料無料】となります。
【同一メーカー】の商品は下記からご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
この商品と同梱可能な商品はコチラ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

わそう 甘口あさり1kg

商品番号 ws-amakuchiasari1000

定価2,600円のところ
当店特別価格2,270円(税込)

[45ポイント進呈 ]

数量
商品についてのお問い合わせ


2 件中 1-2 件表示 


店長の想い 店長の平山です
あさりのむき身をじっくり時間をかけて煮込んでいるので、天然素材の味と風味が凝縮された最高の佃煮に仕上がっています。あさりの佃煮の中では一押しかな・・・。私のおすすめの食べ方は、このまま炊きたてご飯に混ぜこむと、一段と磯の風味がでてふんわり柔らかくなって最高においしいですよ。おにぎりの具にもバッチリ!このまま酒の肴にも。是非一度お試しください。


毎日更新中!わそうの佃煮ブログはこちら